忙しいママ目線の家づくり!新築・リフォームで考える使いやすい収納とは?



家というのは、長い時間を共にする、言わば「人生のパートナー」だと言えるでしょう。

長い時間を共にするわけですから、いつまで経っても「住みやすい」「快適だ」と思いたいですよね。収納スペースが不足してしまうと、どうしても部屋は散らかってしまいます。

そうならないためにも、家づくりを行う際、収納スペースと収納のしやすさはしっかり検討しておきましょう。

今回は忙しいママ目線の「収納」についてお話ししたいと思います。

 

使いやすい収納とは?

 

「収納」というのは、生活の快適さに直結する部分です。それゆえ、家づくりの際にこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。いつどこで誰が使うかを検討することが収納を計画する上で大切になってきます。

そこで最近人気の収納設備を2つご紹介します。

 

 

「パントリー」でたっぷり収納のキッチンへ

 

パントリーとは、食品や飲料、食器などを置くための収納庫で、主にキッチンの近くに作られます。忙しくて毎日買い物に行くことが難しい人には、多めに買ってきたものを収納しておくスペースがあるととても便利ですよね。

そんな「パントリー」のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

キッチン収納.jpg

<メリット①豊富な収納スペース>

 

パントリーのメリットは、なんといってもその豊富な収納スペースでしょう。食品はもちろん、居場所を失った食器や調理器具を収納することが出来ます。キッチンを広々快適に使うにはもってこいですよね。

 

<メリット②買いだめをしても問題ない>

 

お買い得の商品を見つけた時、なかなか見つからないお気に入りの商品を見つけた時、どうしても買いだめをしてしまうものですよね。買ったのはいいのですが、その際に「置く場所がないな」と困る方も多いことかと思います。しかし、パントリーがあればそのような悩みも解消できるでしょう。しっかり収納できるので、気兼ねなく買いだめできるというのは嬉しいポイントですよね。

青森県は比較的自然災害が少ない地域ではありますが、いざというときの保存食の備蓄スペースとしても最適です。

 

<デメリット①広いスペースを必要とする>

 

豊富な収納スペースを確保するには、当然ですが家づくりの際に広いスペースを要することになります。その分キッチンや、場合によっては他の部屋が狭くなることはしっかり頭の片隅に置いておきましょう。

 

<デメリット②パントリーまで行く手間がかかる>

 

パントリーに多くのものを収納すれば、実際に料理を行う際にパントリーまで物を取りに行く頻度も上がるでしょう。対処法としては、出し入れのしやすいプランニングにすること、開け閉めしやすい扉を採用することなどが挙げられます。

 

 

いろいろ使える「シューズインクローゼット」

 

​「ウォークインクローゼット」は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。では「シューズインクローゼット」はご存知でしょうか?ウォークインクローゼットに比べてご存知の方は少ないかもしれませんが、実はこのシューズインクローゼットにもたくさん魅力があるのです。

 

シューズインクローゼット.jpg

<玄関をいつもきれいに保つことが出来る>

 

玄関というのは意外と散らかりがちな場所ですよね。靴が出たままで散らかってしまう、使わない靴は奥のほうに入れすぎて取り出しにくいなど、不満を感じている方も多いことかと思います。しかし、シューズインクローゼットは収納力も高く、さらに靴が取り出しやすいのでこのような不満を一気に解消してしまいます。

 

<靴の脱ぎ履きをゆったり行える>

 

​玄関が散らかってしまうと、どうしても靴の脱ぎ履きが大変になってしまいます。急いで家を出るとき、疲れて帰った時にストレスに感じることもありますよね。しかし、シューズインクローゼットであればベンチや姿見を置くことが可能です。そのため、靴の脱ぎ履きも余裕をもって行うことが出来るでしょう。

 

<アウトドアアイテムやベビーカーなども置ける>

 

​キャンプ用品や自転車、三輪車、スキーグッズ、ベビーカーなど、家の中に置くのは拒まれるけれど、外に置き場がなくて困るものというものは案外たくさんありますよね。しかし、シューズインクローゼットであれば、居場所を失ったこれらを置くことが出来ます。

雪の多い青森県では雪片付けに使用するスコップ、シャベルなどの収納スペースとしても重宝します。

 

 

まとめ

 

収納で失敗しないためには、今の生活でどのようなことに不満をもっているか、どのように改善したいのかを考えましょう。そして生活動線にあった収納スペースの配置や使い勝手をイメージしましょう。モデルハウスや完成見学会に参加して、参考になる収納があるかどうか実際に見に行くのもいいですね。

後悔することのないようにしっかりと検討を行ってくださいね。



eh_gallery.png
28.jpeg

参考:

関連記事