家事ラク&憩いの場!ウッドデッキの機能とメリットとは?



ほとんどの方が、注文住宅が一生に一度の買い物になるのではないのでしょうか?

注文住宅を注文するとなった場合には、かなりの金額がかかってきますから当然です。そんな一生に一度の注文住宅だからこそ、細部までこだわって作っていきたいですよね。

そこで、注文住宅の設備の1つの選択肢として今回は、ウッドデッキについてとそのメリットについて詳しくご説明させていただきます。

 

ウッドデッキとは

 

まず、ウッドデッキとは、リビングなどの延長線上に備え付けられた木製の土台のことを指します。

このウッドデッキは、設置するだけで住宅の見栄えがおしゃれになりますが、メリットは見た目だけでなく機能面でもたくさん見受けられます。

 

ウッドデッキのメリット

 

次にウッドデッキのメリットについてご説明します。

 

洗濯物が楽に干せる

 

ウッドデッキは上記の通り、リビングの延長線上に備え付けられています。ですので、実質、リビングの窓を出ても段差がありません。これは非常に楽チンですよね。

仮にウッドデッキがなかった場合は、外に洗濯物を干そうとすると、結構な幅のある段差を洗濯の度に上り下りする必要があります。それに、洗濯物は濡れていますので非常に重いです。ですので、運んでいて段差を跨いだ際にけがをしてしまう恐れもあるでしょう。

こういった危険を避けられるという点でウッドデッキは優れています。

 

プライバシーの確保ができる

 

ウッドデッキがなくても、部屋の中のプライバシーはカーテンなどによって守ることができますが、外に干している洗濯物はどうしてもプライバシーを守ることができません。そうしたときに、活躍するのが手すり付きのウッドデッキです。

ウッドデッキ内に洗濯物を干していれば、ウッドデッキの手すりが壁となってくれるので、干している洗濯物を外部の視線から守ることができます。

 

ペットの遊び場としての活用

 

ペットを飼っていらっしゃる方に非常に役に立つのがウッドデッキです。どうしてもペットを散歩に連れて行ってあげられないというときには、このウッドデッキで少しだけ遊ばせてあげるとペットもストレスを解消できます。

また、ウッドデッキは基本的には土足で上がる場所ではないので、ペットが泥んこになってそれを洗ってあげる必要もないでしょう。


ウッドデッキと犬.jpg

 

 

子供の遊び場としての活用

 

育ち盛りの子供はほんとうに元気いっぱいで、何をしでかすかわからないので、親の目の届く所に置いておく必要が出てきます。ですので、そうした環境を実現できるようにウッドデッキを子供の遊び場として活用するのが有効な手段の1つだと言えるでしょう。

ウッドデッキは広すぎず狭すぎずで、子供が遊ぶスペースとしてはちょうどいいことが多いです。また、ウッドデッキはリビング延長線上にあるので、リビングからでも子供を見守ることができます。

また、夏などにはビニールプールを作ってあげて遊ばせてあげると非常に喜ぶでしょう。ウッドデッキ上なら足を泥で汚さずに遊ぶこともできますね。


ウッドデッキで遊ぶ子ども.jpg

 

 

気分を変えて食事や余暇を楽しむ場所としての活用

 

ウッドデッキは屋外ですので、気分転換する場所としても有効活用できるかと思います。

例えば、外の空気を吸いながらリフレッシュしたい場合などは、作った朝食などをウッドデッキに持って行ってゆっくりと自然と触れ合いながら食べるのもいいでしょう。

また、バーベキューなどをする際にもウッドデッキは非常に役立ちます。バーベキューによって発生した煙や、肉汁の飛散などを気にする必要がないからです。

 

 

 

ウッドデッキの劣化対策に有効なものは?

 

​ただ、ウッドデッキはその名の通り木でできていることがほとんどですので、劣化してしまいます。

その対策として有効なのが「ウッドデッキに屋根を取り付ける」ということです。ウッドデッキに屋根を取り付けると様々なメリットを得られます。

 

 

ウッドデッキに屋根を付けるメリット

 

​ウッドデッキに屋根を付けるメリットについてご説明させていただきます。

外的な刺激を防ぐことができる

 

ウッドデッキは多くの場合、雨や雪、風などの外的な刺激によって劣化してしまいます。ですので、こういった刺激からウッドデッキを守れるというのが屋根を付けるメリットだと言えるでしょう。

 

日差しを防ぐことができる

 

​当然ですが、屋根のないウッドデッキ上には日差しが直接降りそそぎます。

この日差しは、リビングに直接伝わりますので、夏などには屋内が暑くなってしまいます。しかし、ウッドデッキに屋根を取り付ければそういった心配をする必要もなくなってくるでしょう。これによって、紫外線の対策もできます。


雨の日でも洗濯物を干すことができる

 

ウッドデッキのメリットとして、あまり体に負担をかけることなく外に洗濯物を干せるということをお伝えしましたが、屋根がない場合は、晴れの日しかそれができません。

ウッドデッキに屋根を取り付けることで、年中いつでも外に洗濯物を干せます。

 

 

外観がよくなる

 

ウッドデッキは劣化していくと、変色したり、一部がボロボロになってしまったりと見た目が悪くなってしまいます。しかし、屋根で外的刺激を守ることで、ウッドデッキの見た目を新築のときとほとんどかわらず維持することができます。

また、屋根をウッドデッキに取り付けると、劣化に関係なく見た目が整います。

 

 

まとめ

 

このように、ウッドデッキに屋根を取り付けると様々なメリットが得られますので、ぜひ一度設置を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

参考:

関連記事