住宅ローン選びは金利だけではない!疾病保障にも注目しよう



住宅ローンを選ぶときに、多くの人が金利を重視します。金利は返済額を左右するので、もちろん重要な要素なのですが、実はそれ以外にもローンを組むことによるオプションを理解しておく必要があります。今回は、代表的なオプションに注目し、どのような基準で住宅ローンのオプションを選ぶべきかをご紹介しましょう。


団体信用生命保険とは?

まず、オプションを理解する前に、団体信用生命保険について理解しましょう。団体信用生命保険とは、住宅ローンの借入者が死亡したときや高度障害になってしまったときに、その時点の残債が支払われる生命保険です。

住宅支援機構が提供するフラット35の場合、団体信用生命保険への加入は任意になりますが、そのほかの金融機関は原則団体信用生命保険への加入が必須条件です。これは、借入者の家族を守ることも目的ですが、残債を返済できない状況になると金融機関としても困った事態になるので、それを避けるためというのが理由です。

ただ、団体信用生命保険も生命保険の一種なので、健康状態によっては加入できない場合があります。そのため、団体信用生命保険に加入できないという理由で、住宅ローンの借り入れができなくなるケースもあります。


そのほかのオプションとは?

住宅ローンのオプションは色々とありますが、一般的に用意されているオプションは以下のものです。

  • 三大疾病付き団体信用生命保険
  • 八大疾病付き団体信用生命保険
  • ガン特約付き団体信用生命保険

上記はいずれも団体信用生命保険に不随するものであり、保険内容を手厚くしているオプションになります。ただ、上記オプションを付けると、住宅ローン金利が上がったり、別途料金がかかったりすることがあります。

そのため、金利上昇分の支払い額の増額と、別途料金を加味して加入するかの判断をしましょう。金利が上がるときや別途料金がかかるのは金融機関によって異なるので、それぞれ金融機関で確認することが大切です。


三大疾病付き団体信用生命保険

三大疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中のことを指します。つまり、三大疾病付き団体信用生命保険に加入すれば、死亡や高度障害のとき以外の上記3つの疾病になったときにも残債を補てんされるということです。


八大疾病付き団体信用生命保険

八大疾病とは、前項の三大疾病に高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎を加えた疾病になります。三大疾病よりも保障対象が広い保険になるので、金利の上昇値や別途料金も、三大疾病付き団体信用生命保険より高くなるのが一般的です。


ガン特約付き団体信用生命保険

ガン特約付きとは、ガンと診断された時点でそのときの残債が補てんされる団体信用生命保険です。ただし、保障されるガンの種類に制限があるなど、各条件が設定されているので加入前に確認しておきましょう。


オプション選びはプロに相談しよう

前項までで解説したのは、各金融機関が提供するオプションのほんの一部です。このようなオプションはたくさんあるため、どのようなオプションを選ぶべきかについてはプロに相談したほうが的確なものを選択できるでしょう。

特に、今後の家族構成や将来的な教育資金、老後資金の支出額は、オプションに加入するかどうかを判断するうえで重要です。ただ、そのようなシミュレーションを自力で行うのは難しく、また「なんとかなるだろう」と考えがちなので、無料相談会(例えば「マイホーム&住宅ローン無料相談会|株式会社成都地所」)などを積極的に利用するなどして、プロに相談しながら、精度の高いシミュレーションをしましょう。

bnrConsultation01.jpg

関連記事