青森で話題のコンパクトハウスを建てよう

「コンパクトハウス」と呼ばれる住宅をご存じですか。文字通り、土地も家屋もコンパクトですが、限られた大きさの土地に快適に生活を送れるように設計された魅力の詰まった住宅なのです。土地の取得費や建築費のほか、さまざまな費用が比較的安価に抑えられるため、注目が集まっている建築様式でもあります。そんな話題のコンパクトハウスについてご紹介いたします。

 

コンパクトハウスの魅力

若い世代や高齢者にとっては、利便性や住環境は重要なポイントです。さらに、生活の変化が予想される世代でもあるため、間取りにこだわりと自由度を持たせたいという方が多いようです。そんなこだわりを形にできるのが、コンパクトハウスの魅力です。他にもさまざまな利点があります。その魅力について見ていきましょう。

1)ローコスト住宅

コンパクトハウスの魅力は、一般的な住宅と比較して

・サイズが小さい

・さまざまな形状や狭い土地に建てられる

・税金の負担が抑えられる

・家賃なみの価格で住宅ローンの支払が可能

2)申請費用が安い

建築確認申請、完了検査申請など、建物のサイズが小さいほど申請から登記までの費用が安価で済む

3)理想が叶えやすい

・建築全体にかかる費用が抑えられるため、内装などこだわりたい箇所の施工に費用を回すことができる
・ライフスタイルに合わせた間取りが選べるため、動線がよく暮らしやすい理想の住宅が叶う
・同じ予算でも利便性の良い都心部に住宅が建てられる

などが挙げられます。

その後にかかる維持費も考慮しなくてはならないので、光熱費や修繕費、メンテナンスが安価で済むのも魅力です。

 

コンパクトハウスを建てる時のポイント

ローコストが魅力のコンパクトハウスですが、建築時に大きく関与するのが建築条件です。理想の土地を見つけたら、購入する前に土地と周辺の環境を確認する必要があります。

・土地

土地に面している道路の幅により、駐車場の確保だけでなく、建築時の資材運搬の費用がかかります。

・周辺環境

コンパクトハウスを建てる予定地は利便性が高い整った住宅街である場合が多く見受けられます。そうした場合、すでにある住宅と住宅の間に建てるケースが考えられます。隣家との距離が近い可能性も高く、エアコンや生活音など騒音を出さないよう近隣への配慮が必要です。建築前に、周辺の環境を把握しておくとよいでしょう。

 

コンパクトハウスで叶える夢の一戸建て

ローコストが魅力のコンパクトハウスは、「一戸建てを建てたいけれど予算をかけたくない」「家賃なみの価格で家を建てたい」「小さな家に住みたい」「注文住宅にしたい」「利便性の良い都市部に住みたい」など、戸建てを建てたいけれどさまざまな理由で足踏みしていた施主にとって、夢や希望を叶えることができる新しい形の住宅です。小さな土地をうまく生かすことを考えると、従来なら諦めていた選択肢が選べるようになります。

最近では、コンパクトハウス専門のハウスメーカーが登場し、モデルルームで間取りや仕様を見比べることができるようになりました。土地代、建築費が抑えられる分、生活に余裕が生まれ、より充実したライフスタイルを手に入れることができます。家族の希望を受け止めてくれる小さくても頼もしい存在になってくれることでしょう。

小さくても頼もしいコンパクトハウス

高いコストパフォーマンスを誇るコンパクトハウスは、若い世代や小さくても理想の家を手に入れたいという施主にお勧めできる住宅です。「見た目は可愛らしいのに中は広々」といった意外性も人気のようです。家を建てるときの選択肢の一つとして、ぜひ検討して見てはいかがでしょうか。

参考:

関連記事